So-net無料ブログ作成

春のライスク2017 [400X日記]

5/28() [晴れ]

恒例のライディング矯正日がやってまいりました[ぴかぴか(新しい)]
170528-01.jpg
今日も快晴で、暑くなりましたね~

 
今回のスクール参加者は13名…
170528-04.jpg
定員は30名だったと思うので、かなりの定員割れですがぁ[ふらふら]
いつものメンバーもK山さんだけで、N尾さん、K藤さん、O嬢はどうしちゃったのだろう?


朝10時 ブリーフィングから始まります。
170528-02.jpg
※今回は矯正作業に集中してたので写真や動画をほとんど撮っていないのであしからず。

外に出て集合写真撮影をし体操をします。
五十肩で右肩が痛くてストレッチできねぇ~[たらーっ(汗)]

車両点検や乗車姿勢の注意点の説明後、完熟走行をしながらブレーキングの練習をしていきます。
走りながらリアブレーキだけかけて、その時にしっかりニーグリップして腹筋・背筋で上体を支える練習です。

最初のレッスンは、40km/hからのフルブレーキングして何mで止まれるか?というのと、発進停止を繰り返して発進直後の横からの急な飛び出し等への対応を練習していきます。
1時間くらいこれを繰り返してたので右手が既に辛くなってきました。


あっという間にお昼休憩です。
170528-03.jpg
毎度おなじみの豪華弁当[あせあせ(飛び散る汗)]
170528-05.jpg
昨年秋のライスクは不参加だったのですが、その時はガスト弁当だったらしい。
ガスト弁当は食べたことが無いので、どんななのか興味あるわ~


午後は二輪教習コースの8の字とS字、それと四輪コース上に設定された極低速千鳥スラロームと狭路走行。
狭路走行も極低速で行う(一本橋と同じですね)ので、インストラクターさんに「もっと遅く!もっと遅く!」とか言われてリアブレーキでガンガン減速していったらエンストしちゃってまいりました。

休憩を挟んで次は、旋回→8の字→S字→クランクのコース。
8の字で一度縁石に突っ込みそうになって思わず足が出ちゃいましたが、そこはしっかりニーグリップして曲げていかなきゃいけないんだよな~
こういう時はオフ乗りは御法度でやんす!

休憩を挟んで、最後にまとめコースをガンガン走りますよ。
ここだけ動画撮影してきました。
僕がしっかり行きたい方向に頭を向けていることがよくわかると思いますよ。


このときCB1300SFの方が大クラッシュを演じまして一時騒然となったのですが、フロントフォークやハンドルは曲がってるし、リアホイールも割れちゃってて、マシンだけ見たら乗ってた人は絶対ただでは済まないような状況なのですが、幸運なことにコース内の木に当たって衝撃を吸収してくれたおかげで、かすり傷程度で済んだとのこと。
原因は、S字の入り口で、きっかけ作りにフロントブレーキをかけたらフロントがロックして、縁石に突っ込んで吹っ飛んだらしい。
人間が無事な事がわかったので、再びまとめコースの走行を続けましたが、油断禁物ですね。
路面状態の良い教習コースでもこういうことが起こってしまうので、一般道ではより慎重な操作につとめましょう!


16時 ライスク終了
170528-06.jpg
今回はスラローム比率が少な目だったので若干物足りなさを感じましたが、イイ汗かきました[わーい(嬉しい顔)]

襟首のところがめっさ日焼けして、超かい~でかんわ[あせあせ(飛び散る汗)]



nice!(18)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

nice! 18

コメント 4

わたべ

ライディングスクールかあ、憧れるわ~。
運転技術を1から見直してみたいですね。
by わたべ (2017-05-28 21:38) 

hanamura

あ!豪華弁当!記憶に残るインパクトです。
by hanamura (2017-05-29 06:19) 

響

疲れてもこのお弁当で元気が出そうです。
この練習は左手の握力が心配です。
by (2017-06-03 18:55) 

よっすぃ〜と

普段のツーリングの安全度を高めるうえでもライスクへの参加をオススメしますよ(^0^)
 >わたべさん

今回はご飯とおかずのバランスが比較的良かったですけど、それにしても豪華ですわ(^^;
 >hanamuraさん

ちょっとお腹いっぱいになって午後の部が眠くなりがちですけど(^^;
ライスクはクラッチ操作よりもアクセル・ブレーキ操作が忙しいので右手の方が疲れますよ(>_<)
 >響さん

by よっすぃ〜と (2017-06-03 22:41) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0