So-net無料ブログ作成
検索選択
自動車談義 ブログトップ
前の10件 | -

岡崎モータースポーツフェスティバル2016 [自動車談義]

12/11() [晴れ]

実はイベントの事はすっかり忘れていて、午前中はヴァル子のグリップヒーター装着作業をしていたのでした。

11時過ぎにひとまず作業が終了したところで思い出し、姉に中嶋を見に行ったかメールしてみたところ、「10:30と15:00の二回走行するよ」との朗報が[かわいい]

というわけで、ちゃちゃっと掃除してヴァル子ではなくシャンブロくんのグリップヒーター+ハンドルカバーのテストをしがてら中総の様子をうかがってバイクなら会場近くに停められることを確認して一旦帰宅。

14時前に、デジイチ×300mm望遠を持ってユニ子で再度中総へ
161211-201.jpg
ぶっちゃけ、どんなイベントなのか全く詳細を知らなかったけど、なんかすごい大規模なイベントだったのね[たらーっ(汗)]

オカザえもん86~
161211-202.jpg
ダッシュボードにオカザえもんのサイン入り[ぴかぴか(新しい)]

デモ走行まで時間があるので、会場をグルリと廻っていきましょう!


続きを読む


ティレル中嶋走る! [自動車談義]

12/11([晴れ]

岡崎が生んだ日本人初のフルタイムF1ドライバー中嶋悟が岡崎中央総合運動公園でティレルを走らせました[ぴかぴか(新しい)]
161211-101.jpg

っていうか、姉夫婦からは「中嶋(悟)が中総でティレルを走らせる」とだけ聞いていたのだけど、中嶋悟だけでなく一貴と大祐も来てて、親子共演だったのでした。


岡崎市制100周年事業で岡崎中央総合公園で開催された『岡崎モータースポーツフェスティバル』の一幕ですが、
161211-102.jpg

会場は中嶋親子の名前が書かれた上りが立ち並び、さながら『中嶋ファミリー祭り』といった様相でした。
161211-103.jpg


続きを読む


車の一本釣り! [自動車談義]

12/9(金) [晴れ][曇り]一時[雨]

今日は仕事を早めに切り上げられたので、先週日曜夜から入院している母を見舞いに市民病院へ行ってみると…

車の一本釣りじゃ~い!
161209_02.jpg

駐車場から落下したのか?クレーンで釣り上げられているところでしたがぁ…
161209_01.jpg

母を見舞って駐車場に戻ると作業が終了して警察車両も引き上げていくところだったので、現場の上の様子を見に行ってみると植え込みには大した被害は無く、とてもそこから車が突き抜けて行ったようには見えなかった。

で、車で出て信号の所まで行くと、街路樹が植えられていたと思われる場所にぽっかりと大穴が!

そういえば、トラックが折れ枝をのっけて走り去って行ったけど、折れ枝を回収するだけにしては大きすぎるトラックだったので、アレは倒れた街路樹を回収していったに違いない!

クラッシュしたプリウス(アクアかな?)はかなりひしゃげていたので、おそらくかなりの速度で街路樹に激突し、街路樹が駐車場の植え込みに倒れ込んで一部破損させたといったところであろう。


続きを読む


残念なメルセデス [自動車談義]

ちょいと小ネタを…



一週間ほど前に遭遇した、とんでもない行動をとるメルセデスの映像をご覧ください。




もはや、マナーが悪いどころの話じゃない。


こんなヤカラに乗られているメルセデスが不憫でならんよ[もうやだ~(悲しい顔)]




東モでは見られなかったシリーズ【1号館編】 [自動車談義]

ちょっと間が開いてしまいましたが、『東京モーターショーでは見られなかったけど名古屋モーターショーで見ることができたシリーズ』第二弾です。

『名古屋モーターショー』が開催されたポートメッセ名古屋は主に三つの建物で構成されており、
一号館:ショップカスタムカー、はたらくクルマ、大学・高校作品等
二号館:主に地元ディーラーによる出展の輸入車
三号館:主に国産メーカーの展示(東京モーターショー出展車両)
という配分になっています。

前回は二号館の輸入車(基本的に現在の市販車)を紹介いたしましたが、今回は一号館に展示されたあれやこれやを紹介いたします。


まずは『ACマインズ』ブースの珍しい車両から

【KTM】
X-BOW(クロスボウ)
101.KTM01.jpg
101.KTM02.jpg
101.KTM03.jpg
メーターパネルにDUKEシリーズとの共通性を感じますね~
シート前方の切り欠きは5点もしくは6点式シートベルトを通す為か?
名古モにはYAMAHAの四輪は来てませんでしたが、代わりにオーストリアのバイクメーカーが造る四輪がお目見えしてたのでした[猫]

続きを読む


東モでは見られなかったシリーズ【2号館編】 [自動車談義]

11/20~23に名古屋ポートメッセで開催された『名古屋モーターショー2015』ですが、マツダロータリーコンセプトとかホンダの『Project 2&4 powered by RC213V』やNSX市販バージョンといった目玉となるようなマシンの他、YAMAHA・Kawasakiに至ってはメーカーそのものの出展がありませんでした。

一方で、東モには出展されなかったけど、名古モには展示された車両も数々存在します。

そこで、東モの出展リストに載っていない車両を紹介したいと思うのですが、実はけっこうな数にのぼることが判明したので二回に分けてUPしてきますのでよろしこ[キスマーク]


というわけで、今回は【2号館・輸入車編】をお送りいたします。


【Mclaren】
650S Spider
201.McLAREN01.jpg
570S Coupe / 650S Spider
201.McLAREN02.jpg

続きを読む


初めてのハイブリッド [自動車談義]

10/24() [曇り]ときどき[晴れ]

ポルコくんを預けて代わりにやってきたのは初体験のハイブリッド車[ぴかぴか(新しい)]
151024-01.jpg
良くも悪くも『ふつう』な車だったのには正直驚いた。

続きを読む


いまさらなんで… [自動車談義]

ポルコくん購入の重要なイベントとなった『アバルト試乗記』の準備をある程度していたのだけど、いまさらなのでこのまま廃版にすることにしました。


ただ、何故『左ハンドルMT』を選択するに至ったかを記しておきます。


さかのぼること5/9(土)のこと。
認定中古車で紹介されていたポルコくんを自分の目で確認するためにアバルト名古屋に行き、同時に左ハンドルのMT車がまともに運転できるのか?を確認するために『500左ハンドルMT』と、一応比較対象として『500esseesse+レコードモンツァ装着の右ハンドルAT』の試乗をさせてもらったのでした。


決め手①
esseesseのATに試乗した時に確信したのですが、僕はパドルシフトが性に合いません。
S660のCVT車に試乗した時にも感じた違和感というかモヤモヤ感もそれだったんだなとわかりました。
なんだろう?パドルシフトってゲーム的で現実感が無いから気持ち悪いんです。
レガシィB4(BL5)やFIAT500のATのようにシフトレバーでシーケンシャル操作ができれば問題無いんですけど、S660にしてもアバルト500にしてもパドル以外にマニュアル操作する方法が無いというのが問題なわけです。

決め手②
左席で運転する事の異次元感に完全に虜になってしまったから。
左ハンドル車には過去に何度か乗ったことはあるのだけれど、やむを得ずといった状況からかすごく運転しづらい印象でしかなかったのですが、いざ所有前提で乗り始めてみるとその“運転しづらさ”に対する征服欲みたいなものが心を支配したのでした。


で、ポルコくんに一ヶ月以上毎日乗っていても、いまだに左ハンドルの異次元感を感じています。
いまだにウィンカーとワイパーを間違えることもありますがぁ…、毎日の通勤がいつも非日常的で楽しいんですよね~[わーい(嬉しい顔)]


続きを読む


ギネスな車 [自動車談義]

マツダの新型ロードスターが発売されましたね。

初代ユーノス・ロードスターに乗っていた時にいつも思っていた「あとほんのちょっとキャビン(運転席)が後ろにずれてたら、デザイン的に完璧になってたのにな!」ってのを実現してくれました。

サイドから見た時のノーズの長さとキャビンのコンパクトさ、そして美しいウェストライン!

理想的なオープンカーのフォルムがそこにある。



しかし、だ!!

あの顔がどうもダメ。

特に目つきがいやらしすぎる。

いっそのこと新型デミオの顔をくっつけちゃってくれてたら、もしかしたら次期FX候補に赤丸急上昇!ってことになってたかもしれない。


あと、インテリアもダメ!

特にハンドルがカッコ悪い。

三代目のハンドルもそうだったけど、エアバグ付で初代のようなシンプルでスポーティなハンドルを作り上げるのは難しいとはいえ、もっとロードスターらしいデザインってのもあるんじゃないか?と思う。

近年のマツダはエクステリアデザインは最高なのに、インテリアデザインがエクステリアに追いついてないというか、ピンとこない物が多い。


マツダ顔は確立されたので、今度はインテリアデザインにマツダのスペシャルを創り上げてもらいたい!




ちなみに、ユーノスを含むマツダ・ロードスターが「2人乗り小型オープンスポーツカー」では世界一の生産数としてギネスに認定されてるって知ってました?

オープン・ツー・シーターと言えば英国車!という常識はもはやとっくに過去の物。

日本の、しかも国内シェアが10%に満たない(順位的には4位の)小さな(?)メーカーが、この分野においては世界をリードしているという奇跡。



排気量も車重もダウンサイジングして原点回帰したロードスター。

顔はアレだけど、きっと素晴らしいドライビング・プレジャーをそのハンドルを握るものに与えてくれるに違いない。


ここに歴史あり [自動車談義]

5/16() [雨]のち[曇り]

ドルヒン号の寝床を大掃除


すると

こんなん出てきました~[わーい(嬉しい顔)]
150516-01.jpg
スズキのウィンドゥウォッシャー液はカルタスGTiを買った時に付属されていたものなので、かれこれ四半世紀も前の物。

ユーノスの純正ワックスもロードスター購入時に付属されていた物なので、やはり24年程前の代物となりますが、昔からコーティング剤派だったのでほとんど使われてません。

LONZAのペダルもロードスターで10~11年くらい愛用したもので、お世辞にもヒール&トゥがやりやすいとは言えなかった純正ペダルのネガを補うアイテムでした。


そして同じくロードスターで愛用していたMOMOのシフトノブ[ぴかぴか(新しい)]
150516-02.jpg
純製シフトノブは樹脂製のティアドロップ形状でかなりしょぼかったので交換必須部位でした。

このMOMOは大きさ・形状ともお気に入りの品なので、再びマニュアル車に乗る時に再利用しようと思っていましたが、手のひらが当たるところが摩耗しまくってるし、ステッチに汚れがこびりついて非常に汚くなっているので、これはこのまま“歴史”としておく方が良いでしょうね。


他にも懐かしいアイテムがいろいろと出てきましたが、いらない物はどんどん捨てる!方式で燃えるごみ一袋とプラゴミ一袋をいっぱいにしてガレージのお片付け終了[かわいい]


夕方になってようやく陽が射してきたけど、じめじめむしむしする一日でしたね~
片付けするにはつらい季節になってきました[たらーっ(汗)]

明日は天気良くなりそうなので、バイクで少し走りましょうかね[キスマーク]


前の10件 | - 自動車談義 ブログトップ