So-net無料ブログ作成
検索選択

尾張名古屋は城でもつ!【水堀周遊篇】 [城日記]

10/26(水) [曇り]ときどき[晴れ]夜から[雨]

またまたつづきです。
適当に区切ったらオマケのはずの第三部が一番ボリュームが大きかったというオチ[たらーっ(汗)]

御深井(おふけ)丸からの天守
161026-301.jpg
「御深井丸」って以前は深井(ふかい)丸って言っていたと思うんだけど、いつから「御深井丸」って呼ぶようになったの?
それとも、元々「御深井丸」だったのだけど、以前そこにあった「深井(ふかい)丸広場」から勝手に「深井(ふかい)丸」と思ってただけなのかな?

まぁ、そんな「御深井丸」からのスタートです。(前回の『天守礎石』も「御深井丸」になるのかな?)


続きを読む


尾張名古屋は城でもつ!【天守閣篇】 [城日記]

10/26(水) [曇り]ときどき[晴れ]よるに[雨]

前回からのつづき

いよいよ天守閣へ

って、こういうのなんとかならんのかね。
161026-201.jpg
バリアフリー化のために設置しないといけないのはわかるけど、せめて見た目だけでも城郭風に化粧するくらいの一手間かけて欲しいな~
しかも、高齢者・身障者のための設備なのに、利用してるのは若くて健康そうな人ばかり[爆弾]

まぁ、いいや

天守閣の入り口は小天守の方にありますぜ。
161026-202.jpg

ちなみに、小さい頃にでっかいお城に登った記憶はあるんだけど、大坂城へは行ったことないはずだから名古屋城で間違いないはずなのに見覚えがない…

う~む


続きを読む


尾張名古屋は城でもつ!【本丸御殿篇】 [城日記]

10/26(水) [曇り]ときどき[晴れ]夜に[雨]

もともとは10/21(土)~22(日)にHONDAドリームの一泊ツーリングに行って、10/23(月)に年休をとってゆっくりツーレポを作成するという計画でしたが、仕事の状況をみて早い段階で一泊ツーを見送り、10/25(火)〆の仕事に切を付けて10/26(水)に年休を取ることにして“どんぶり街道ツー”でもしようと思ったりしたのですが、昨日の記事に記したように、入れなくなってしまう前に名古屋城天守閣を上っておこうということになりました。


名古屋城は名古屋市の中心にあるので、そんなとこに車やバイクでは行きたくないということで電車でGo!
161026-101.jpg

およそ40分、名鉄電車に揺られてうっつらうっつらしながら金山総合駅へ

地下鉄・名城線に乗り換えて、およそ10分で市役所駅に到着。

名古屋城側の出口に向かうと、こんな絵図がお出迎え[猫]
161026-102.jpg
もう一駅先に「名城公園駅」があるけど、「市役所駅」で降りた方が名古屋城には近いという紛らわしい状態[たらーっ(汗)]
車内アナウンスで教えてくれなければ危うく「名城公園駅」まで行ってしまうところだったよ。

続きを読む


尾張名古屋は城でもつ!【予告編】 [城日記]

10/26(水) [曇り]ときどき[晴れ]

河村名古屋市長が「危にゃ~で、もう(天守閣に)入ってかん!(訳:危ないから、もう入ってはいけません)」と言うので、いつになるかわからないけど近いうちに天守閣に入城できなくなりそうということで、緊急ミッションで名古屋城攻略戦をしてきました。
161026-001.jpg

やっと来たカ~!
161026-002.jpg

名古屋城天守閣は、江戸城、大坂城と並ぶ日本最大級の天守閣の一つです。
161026-003.jpg
名古屋城は、織田信長が誕生した『那古野(“なごや”もしくは“なごの”)城』の跡周辺徳川家康が九男義直の為に築城したとのこと。
尾張徳川家の居城として明治まで利用され、その後は帝国陸軍司令部が置かれたり、宮内省管轄に移って『名古屋離宮』とされたりしましたが、太平洋戦争で米軍の空襲により天守閣を始め建屋のほとんどが焼失してしまいました。
昭和34年、市民の協力により現在の姿に再建されましたが、平成21年に河村市長により『天守閣木造再建化計画』が打ち出され、約300億円をかけて木造化のプロジェクトが進行中(らしい)。
で、当然のことながら現在の天守閣は現在の耐震基準をクリアすることができないので、平成28年10月12日に冒頭の河村市長の発言がなされたというわけです。

ニャンだ!ばかやろー!!
161026-004.jpg

ニャンだ!バカヤロー!!
161026-005.jpg


まぁ、懲りずにまたコイやっ!
161026-006.jpg
カープ! カープ! ひろっしまっ! ひ~ろし~まカ~プ~[るんるん]



って、オイ!!

ここはドラゴンズの縄張りだっつ~の[爆弾]



というわけで、約350枚も撮りまくった写真の選別作業に時間がかかるので、城攻め本編はまたのちほど[手(パー)]



花見な日 [城日記]

4/2() [曇り]ちょっとだけ[晴れ]

向かいのお寺の桜が満開です[かわいい]
160402-01.jpg
一本の木の中で既に散り始めてるところとまだ蕾の部分がありますね。
160402-02.jpg
曇り空でちょっと映えないですけど、朝一に写真を撮ってから先週に引き続きゴミ屋敷の片付けを開始!


続きを読む


走り初めは彦根城攻め!【予告編】 [城日記]

1/4(月) [晴れ][曇り]&霧

2016年走り初めは『彦根城攻め』ツーリングになりました[ぴかぴか(新しい)]
160104-00.jpg
※ポチっとすると大きくなるよ
近くて遠い彦根城。
ようやく三つ目の国宝を攻め落とす事ができました[たらーっ(汗)]

本編UPは今日中には間に合わないので、とりあえず『ひこにゃん』の動画をどうぞ[猫]



ひさびさの城攻め【信長の館編】 [城日記]

10/12()には、キョウセイドライバーランドで全日本トライアル選手権、コアラ(安城)自動車学校で三河モーターサイクルショーが開催されてたはずですが、結局出かけるのが面倒になってどちらにも行かずにゴロゴロと…



というわけで、昨日の記事からのつづき
10/11()の午後のはなし



安土城址から信長の館へは田んぼ道を突っ切って行けば1kmも無い距離にあるのですが、安全を考慮してK2を西へ戻ってK199→K201→K198と迂回して、安土文芸セミナリヨの駐車場へ到着。
141011-30.jpg
この写真に見えているのはあづちマリエート

安土城天主閣の5階・6階の実物大レプリカがある『信長の館』は安土文芸セミナリヨの裏手にありますよ。
141011-31.jpg

ちなみに、
安土文芸セミナリヨとはクラシック専用ホールだそうで、あづちマリエートは総合体育館・多目的ホールだそうです。


続きを読む


ひさびさの城攻め【安土城址編】 [城日記]

10/11() [曇り]/[晴れ]

年休取得推奨日ということで13日に休みをもらうことになって世間様と同じ三連休の週末となったので、当初予定では連日の残業で疲れた体を土曜に回復させ、日曜(10/12)に富山側から黒部ダムリベンジ(日帰り強行日程)を行うつもりでいましたがぁ…。

台風接近により特に夕方以降の天候が不安になったため予定前倒しして土曜決行にしようかとも思ったのですが、肉体的にやっぱりきついし、どうせ富山側から行くのなら春の雪の壁を見たいし、立山の山の上のホテルに泊まって余裕のある行程で行くことを考えた方がイイんじゃないか?とか思って黒部リベンジは先送りとしました。

で、代案として「遠すぎず近すぎず、ダム探検or城攻めができるところ」を考えて、琵琶湖のほとりの三城(安土城(址)・彦根城・長浜城(址))攻めを立案!

細かいタイムスケジュールは考えている時間は無かったので、ザックリと7時くらいに出発して10時くらいに安土城址に着ければイイだろうなんていう甘い考えでいたのですが、結局起きたのが7時で出発が8時となって、いきなりのつまづき[たらーっ(汗)]
141011-01.jpg
天気予報では“晴れ”のはずなのに、なんだか怪しい空模様だし…
まぁ、一応カッパマン装備も搭載して出発です。



東名から伊勢湾岸に入って、サクっと湾岸長島PAへ
141011-02.jpg
施設内は朝から観光バスの団体さんでごった返していた[ふらふら]
三連休だからね~
とりあえず、大肉まんでブレックファストでございます。


続きを読む


家康くんパワー! [城日記]

出世大名家康くんに会えたよ~[ぴかぴか(新しい)]
140112-01.jpg
公約通りにマゲを切って“出家大名”となっていました。


続きを読む


姫隊'13ラスト舞 [城日記]

12/27(金) [曇り]時々[晴れ]一時[小雨]

数日前に“あいち戦国姫隊”のスケジュールチェックをしたら、岡崎城での演舞に全員出演するとのことだったので、また会いに行ってきちゃいました。

演舞は13時からだったので、12時半に到着して場所取りをして…
131227-01.jpg
リハというか立ち位置チェックで一度出てきて場みってる光景がめずらしかった~。
(その際撮影は控えてくださいとのことだったので、その模様は写真なしです。)



それにしても、3ごー遅いな…
おととい別件でメールのやりとりをした際に冬休みに入ってる様子だったので誘ってみたのだけど、家の位置関係から現地集合にしたら、3ごーは演舞が行われる家康館の方まで来たことが無かったらしく場所がよくわからなかったとのことで、始まる直前にようやく合流となりました。

そして、姫様たちの登場[揺れるハート]
131227-02.jpg

続きを読む