So-net無料ブログ作成
検索選択
天体観測日記 ブログトップ
前の10件 | -

不発だな~ [天体観測日記]

1/3~4 [夜]

3日18時38分の南西の空
170103-01a.jpg
やっぱあの明るい星が火星で、すぐそばにいるはずの海王星は暗くて見えないんだな~
170103-01b.jpg
肉眼では見えなかった星が写ってて、赤いからそっちが火星かと思ったんだけど、位置的におかしいから調べてみたら『λ(ラムダ)』という星でした。(“うお座”の『λ』?)



で、3日22時40分くらいから“しぶんぎ座流星群”の観測を始めたんですがぁ…

23時6分 ついに来た~[目]
170103-02.jpg
って、うっそぴょ~ん[爆弾]
始めはゆらゆらと上昇していたので「UFOか!?」と思ってシャッターを切ったのですが、飛行機がこっちに向かって飛んできただけでした。


続きを読む


星空情報2017 [天体観測日記]

月のそばに居るのは多分金星。
170102-01.jpg
火星と冥王星もすぐ近くに居るはずだけど、さすがに冥王星を捉えるには300mm望遠では無理でしょうね。

1/2 18:40 南西の空の様子でした。



2016年は天候に恵まれなかったり、『しし座流星群』なんかは完全に忘れてて気づいた時には極大日を一週間も過ぎてたりして全くもって不発な一年でしたが、2017年一発目の『しぶんぎ座流星群』はちゃんと見れるかな?

2017年の『しぶんぎ座流星群』は1/3(火)の23時頃に極大を迎える予定です。

とっても寒いので、しっかり防寒して東の空を観測いたしましょう!



※一部訂正:冥王星ではなくて海王星でした。冥王星は今、太陽に近いところに居るので見えませんね。


中秋の… [天体観測日記]

9/16(金) [晴れ][曇り][雨]

会社を出る時にはそこそこ本降りの雨だったのですが、岡崎に入る頃にはお月さんが顔を出し始め、家に着いた時にはイイ感じに『御月見』の頃合いでした[わーい(嬉しい顔)]
160916-01.jpg
カメラを準備してたらちょうど飛行機が通りかかったので急いで[カメラ]

続きを読む


ペルセウスも不発 [天体観測日記]

8/12(金) [晴れ]のち[曇り]

全天ガッツリ雲で覆われていて、流星群どころか月すら見えず[もうやだ~(悲しい顔)]
160812-03.jpg
月あかりでぼんやりと雲が明るくなってはいましたがぁ…

ペルセウス座流星群は今年の三大流星群の中では一番期待値が高いものだっただけに残念だわ。


ちなみに昨日はけっこうイイ感じに観測できたみたいで、動画ニュースに流れ星の映像があがっていましたが、昨夜は遅くまで会議だったので、帰って風呂入って寝ちまったサ~


続きを読む


星空情報2016年1月 [天体観測日記]

三大流星群の一つ『しぶんぎ座流星群』が1月4日に極大を迎えます。

が、極大時刻は17時と日没時刻付近となる為、空はまだ明るいでしょう。

おまけにその時間では流星群の放射点が地平線の下にある為観測条件はよろしくないとのこと。

一応オススメ観測時刻は4日未明(0時~夜明けまで)と5日未明(0時~夜明けまで)との事ですが、はたして…



2015年は、三大流星群(1月・しぶんぎ座流星群、8月・ペルセウス座流星群、12月・ふたご座流星群)をはじめ大半の流星群が雨天もしくは曇天にみまわれて観測不可だったので、2016年はそれを取り戻すくらいにたくさんの流れ星を観測できることを期待しているのですがぁ…、一発目から厳しそうですね。[たらーっ(汗)]



ちなみに『しぶんぎ座』という星座は現在ありません(1928年に廃止)。

以前は『りゅう座』と『うしかい座』の間に設定されていたそうです。

ただ『りゅう座』と『うしかい座』って多分わからないと思うので、『しぶんぎ座流星群』の放射点の目安としては、今の時期(1月初旬)の未明(深夜)に北東の空に北斗七星が縦に見えたら、ひしゃくの柄の端から柄の部分とだいたい同じ距離分下方へ目を移したあたりに放射点があると思ってください。

ただし、流れ星は必ずしも放射点から出現するわけではないので、ザックリと北斗七星を中心に広い範囲で観測するのが良いでしょう。



流星群情報 [天体観測日記]

2015年の『オリオン座流星群』は、10月22日午前8時に極大を迎えます。

残念ながらピーク時には日がだいぶ高くなってしまっているので流星群の観測はできませんが、一応10月21日未明と10月22日未明あたりに注目すると良いそうです。

仕事に差し支えが無い方は、夜更かしして流星群観測してみてくだされ[ぴかぴか(新しい)]


トラックバック(0) 

おそまきながら、ブルームーン! [天体観測日記]

先週の金曜の夜…
150801-003.jpg
実際にはこんな色では無かったですけどね。 ホワイトバランスを2500Kにして撮影しています。



【ブルームーン】

①大気中の塵の影響で月が青く見える現象。

②メイン州の農歴では、春分・夏至・秋分・冬至で区切られた季節(3ヶ月)の中で、各季節の“第一”、“第二”、“最後”の満月にそれぞれ固有の名前が付けられていますが、4回満月が訪れる場合の3回目は“最後”ではないので、特別にブルームーンと呼ばれるそうです。
2~3年間隔で、19年に7回起こるそうです。
詳しいことはウィキってみてね。

③ひと月のうちに2回満月がある時の2回目の満月の事。
しかしこれは、ある天文雑誌が②の内容を誤って掲載したことで広まった、ある種のガセネタです。


で、今回の「ブルームーン」は③の内容に当てはまります。

メディアがやたら「ブルームーン」と騒いでいましたが、69年前の間違い記事に踊らされているメディアの多い事[爆弾]

まぁ、これだけ歴史があれば元が間違いでも「嘘から出た真」ってヤツになりますわな。



慣用句としては「珍しい事」「めったにない事」として使われるそうなので、ひと月のうちに2回目の満月ってのは、あながち間違いでもない。

逆に、満月の周期は29.53日なので2月には満月が来ないってパターンもあって、それもある種「ブルームーン」じゃね?って感じ。


続きを読む


今夜は皆既月食 [天体観測日記]

4/4(土) [曇り]

今夜は皆既月食です。


…が、



ちょっと見れそうにないですね。



皆既月食と言うと昨年10月8日にあったばかりですが、こんなに短いスパンで起こるのはかなり珍しい事だそうです。


また、今回完全に「食」の状態になるのは午後9時前後のたった12分間と言う事で、「食」時間が短いのもけっこう珍しいパターンのようです。

欠け始めは午後7時15分頃からで、皆既食の始めは午後8時54分頃。

皆既食の最大状態は午後9時ちょうどくらいだそうです。



次回日本で見られる皆既月食は2018年1月31日ということで3年も待たなければならないので、今夜は何とか雲が晴れてくれることを祈りましょう。



緊急流星群速報! [天体観測日記]

8/12(火) [雨]/[曇り]

すっかり忘れていましたが、今夜『ペルセウス座流星群』がピークを迎えます。

みごろは12日20時から13日4時にかけてとのこと。


東北日本海では晴れ間も広がり観測できそうですが、19時40分現在で岡崎の空はわずかに晴れ間も覗いているものの、雲が多くて流星観測は非常に困難な状況です。

また、11日が満月だったので、月が出る時間帯にかかってしまうと星が見えにくくなってしまうので、観測条件は非常に悪いですね。


条件が良ければ一時間当たり50~60個も観測できると言われている三大流星群の一つなので、もし晴れ間が見えていたら夜空を見上げてみてください。


ふたご座は期待通り? [天体観測日記]

12/13(金) [夜]

クロコーチを見終えた後、お風呂に入ろうと母屋へ向かう時に、ふと空を見上げると煌々と輝く木星!

ふたご座流星群の事を忘れていました[たらーっ(汗)]

しばらくそのまま夜空を見上げてたら、数分でふたご座の足元に流れる流星一つ目を観測。



急いでコートを羽織って流星群観測体制へ

しばらくは数分おきに流れて、期待通りの流れ具合って感じ。
観測条件が良ければ、もっと多数の流星が観測できたに違いない。



無駄だとわかっていたけど、せっかくだから写真撮影もしてみよう。
131213-09.jpg
ふたご座の脇腹に眩しい木星が鎮座しているので、そこにばかり目がいってしまいますが、流星群の放射点はふたご座の頭の辺りです。

でも、僕が観測していた時間帯に多く流れたのはふたご座とオリオン座の間の空間でした。

この時間ふたご座は東のかなり高い位置に上がっており、観測にはほぼ真上を見るような状態だったので、首が疲れます。



5つくらいまではわりと良いペースで流れてくれましたが、その後ペースが落ちて、ちょっと飽きてきたので、hanamuraさんの大好きなスバルを撮影。

スバルは暗く、且つ月が邪魔で撮影しにくいので、隣の家で月が隠れるような位置を探して…
131213-10.jpg
スバル=六連星というイメージがありますが、実際にはもっとたくさんの星が集まっています。

二等星以下の星の集まりなので、肉眼での観測はかなり大変です。

でも、空気の澄んだたくさんの星の海が見える条件だと逆に見つけにくいでしょう。



スバルを撮り終えてふと振り返ると、ふたご座の頭の辺りに比較的大きめの流星がキラリ[ぴかぴか(新しい)]

よそ見してる間にもたくさん流れていたかも?



観測開始から45分ほどが経っていっかくじゅう座のあたりに大き目の流星が流れ、その後はパタリと…

最後にまばゆいばかりの月を撮影して、零時に観測終了してお風呂で暖まりました。
131213-11.jpg

あまりにも寒いので、今回は1時間の観測しか行いませんでしたが、正確に数えていませんが10~11個の流星を観測しました。

条件の良い場所・時間によっては、時間当たり80~100個の流星が観測できると期待されていただけに、まぁまぁ期待通りと言いますか、2013年最後の流星群として充分満足できる流星観測となりました(今夜も観測するかもだけど…)。





さて、今から名古屋モーターショーを見に行こうと思います。

そのあと、夜にはHONDAドリーム岡崎主催の忘年会へ行きますので、モーターショーのレポートは火曜辺りの予定になります。

今回は東京モーターショーよりも出展メーカーが多いという事なので期待しています。

お楽しみに~




前の10件 | - 天体観測日記 ブログトップ