So-net無料ブログ作成

森口博子というGUNDAM [音楽談義]

もはや、森口博子GUNDAMである!

とまぁ、いきなりおかしなことを口走ってしまったわけですがぁ…

森口博子が歌うガンダム・ベスト・ソング集『GUNDAM SONG COVERS』が届きました。
190806-01.jpg
押尾コーターローのアコースティックギターで歌われる「哀戦士」もかなりしびれるのですが、セルフカバーともいえる『F91』の主題歌「ETERNAL WIND」はやはり名曲であ~る!
ゾックゾクしますわ。
そして、デビュー曲である『Z』後期OPの「水の星へ愛をこめて」が、このアルバムのオープニングを飾っています[かわいい]
NHKの『ジ・オリジン』でコムアイ(水曜日のカンパネラ)が歌う「水の…」が流れた時には「違~う!!」と心の中で叫んでいたものですが、真のオリジンたる森口Gの「水の…」はマジ心地よいのであった。
が、さすがに歌声に年齢を感じてしまいます[たらーっ(汗)]
なにせ僕の一個下だから、今年で51歳なのであ~る。
デビュー当時(10代の頃)の気持ちの良いのびやかで突き抜けるような歌声は失われてしまって、少々残念な気もします。

一方で、ビジュアル面に関しては年齢を重ねるごとにグレードアップしておりますな。
190806-02.jpg
51歳と思えないくらいキレイになられました[揺れるハート]
まぁ、相当補正されてるとは思いますが、デビュー曲のジャケ写なんて補正してもどうにもならんくらいに「公に映しちゃまずいだろ!?」って感じだったからね[爆弾]

この二ヶ月は林檎さんの『三毒史』を目覚ましにしていて、毎朝重苦しいお経で起こされていたのですが、明日からは爽やかな森口Gの歌声で爽やかな目覚めを迎えましょう[るんるん]


nice!(13)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽